フローリングを補修する方法

フローリングは木でできているのが大半のため、家具を引きずったり物を落とすことで傷が出来やすいという特徴があります。


フローリングは部分的に張替えをすることも可能ですが、今まで使用していた材質と全く同じ材質や色を選ぶことは難しいため、それほど大きな傷でなければ補修したほうが費用が安く済む場合があります。

フローリングを補修するには自分で行なう場合とプロの業者に依頼する2種類の方法があります。
傷が小さいものであれば自分で補修作業を行なうこともでき、その場合はホームセンターで簡単に道具を購入することができます。



修復作業で最も使用されているものはクレヨンのようなもので、修復したい箇所とできるだけ同じ色のものを選びます。


傷に塗り込みはみ出した部分を布で拭き取り、周りと同じように木目を描き込めば作業は終了します。

goo ニュース情報サイトを活用しましょう。

自分での修復が難しいような深い傷や、直したい箇所が多数ある場合はプロに修復作業を依頼したほうが良い場合があります。

プロが行なう場合、リフォームではなく同じく補修材を使用してフローリングについてしまった傷や凹み、シミなどをまるで新品のように仕上げてくれます。


張替えではないため大幅に時間とコストを抑えることができるのが魅力ですが、依頼する職人の腕によって仕上がりに差が出る場合があります。



業者に依頼する場合は後悔しないために、あらかじめその業者の施工実績をよく確認し納得してから依頼するようにしましょう。


top